| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ケルティックセレモニー⑤セレモニーの参加の仕方

画像私の所で開催しているケルティックセレモニーは、ウイッカであり、シャーマニックなものであるとお伝えしました。。

そしてセレモニーとは、感謝や祈りを通して宇宙と繋がる一つの様式であるとお伝えしました。

宇宙と大地と繋がりながら

全体性からの(宇宙的な)視点を持ちながら生きる、
人生を象徴しているのがケルティックセレモニー。
そこには調和がある。全てと繋がった安心感がある。

では、そんなすばらしいセレモニーに
どのように参加すればよいのか?・・・・・
ただお申込みいただければいいのですが(笑)

一つ言えることは、
アルケミーを知っておくとさらに体験は深くなるので
アルケミーの知識があると良いですね。

アルケミーとは錬金術。変容の術です。
土、水、風、火の4大エレメントを熟知して、動かしていくことで
奇跡が日々の生活に入ってきます。

アルケミー的に見れば
人生とは、奇跡を起こしそれを生きるためのものなんですね。

エレメンタルアルケミーの学びは、
エネルギーを伴った学びですので
セミナー中に変容が起きてくるのが素晴らしいところなんです。

以下は、エレメンタルアルケミーのセミナーのHPです。
興味がわいてきましたら覗いてみてください。

エレメンタルアルケミーファイアー(火)
エレメンタルアルケミーエアー(風
エレメンタルアルケミーウォーター(水
エレメンタルアルケミーアース(土)

アルケミーを習得しますと
自分自身でセレモニー開催ができる下準備ができてきます。
この辺からさらに楽しくなるのですね。

次回は、セレモニーを開催するには? をお伝えしようと思います。

※過去記事はこちら→ケルティックセレモニー

スポンサーサイト



| セレモニー | 11:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インボルクセレモニーへのお誘い 2月2日♪

画像インボルクのセレモニーを2月2日に開催します。キャンドルマスとも呼ばれている祭です。

←こちらは昨年のインボルクセレモニーの写真です。

ケルトの伝統ではこの日をインボルクと呼び、これから迎える一年を感謝と期待で祝います。

ケルトって何? セレモニーって何?
と良くご存じない方こちらで詳しく書いています。
ケルティックセレモニー

実はこのセレモニー、大変パワフルで楽しくエンパワメントされるんですね。

私たちは、時折、心身のパワーが不足してしまって
人として十分に活躍できず、まして人生の良き夢を見ることも、
良く眠れなかったりも(パワーないと眠りも浅い。。)しますね。

そんな時こそ、セレモニー!なんです!
セレモニーの時は、宇宙のエネルギーが降りてきますので
定期的にでも感謝の気持ちで参加するといいのです。

なぜなら、セレモニーとは、

実はこれ、現実実現ワークでもあるからです。
宇宙に対して最大級の感謝と礼節をもって祭をしたなら
宇宙はどうすると思います? 

望んだ願いを叶えてくれるのです。
親心だから。宇宙は。

ということで、
インボルクセレモニーにお誘い申し上げます。
光に満ち、ワクワクと楽しいひと時をご一緒致しましょう~

ご参加ご希望の方はこちらのHPからお申込み下さいね↓
インボルクセレモニーへのお誘い

★インボルクセレモニーの内容

■日程:2016年2月2日(火) 

■場所・主催:西荻 ラヴェンドール

■時間:12:00~16:00(終了時間は多少前後します)
     ※お時間厳守にてご来場下さい。(11:40開場です)

■内容:神と女神の召喚
     乙女、母、老婆のインボルクの儀式
     手放しの儀式
     女神の瞑想
     ハートの変容と現実化の誘導瞑想
     マジカルクラフト(キャンドルマジック)等
     ※内容は1部変更になることがございます。

■定員:8名様

■ご参加資格:どなたでも

■参加費:4000円(税込/材料費込)

 ※お申し込み:先着順の受付になりますので、お早めにお申し込み下さい。

皆様のご予約、ご参加お待ちしております♪

インボルクセレモニーへのお誘い

| セレモニー | 18:37 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1月のスピリチュアルセミナー

画像今年の冬至のエネルギーは、大変きつかった感じです。

でもどんなにきついエネルギーの日でも、”セレモニー!”で様相はガラリと変わるんですね。

ということで昨日の冬至は大変素晴らしいエネルギーに満たされた至福の時だったのですね♪

というのは、セレモニーのエネルギーはすべてを生み出した根源から来ているからです。もちろん、太陽神や月の女神や大天使や精霊や、、等々のエネルギーを経由して来たりもしますが。

セレモニーの開催は、まず根源(エンソフ)のエネルギーを降ろしてくることから始まります。肉体人間として、スピリットから切り離された地上生活をしている私たちにとって、もっとも滋養のあるエネルギーがエンソフからのエネルギーです。

疲れた肉体に生気を与え(エーテル体が活性化されるから)、疲れ切った心に情熱がわき(感情体が癒されるから)、混沌状態から、明晰でポジティブな思考に変換し(メンタル体のブロックが流れていくから)、

本当の自己の姿(スピリット)とは、どんなものと言うのがストンと分かってくるようになります。理屈や理論関係なく。エネルギー的に知っていくのですね。

ですので、セレモニーと言うのは大変貴重な場でもあります。ですが、すべての人がセレモニーに参加はたぶんできないかもしれません。それは、膨大なエネルギーを受け取る準備が整っていた方が良い方もいるからです。

そのために(エンソフのエネルギーを受け取っていくために)、少しずつ知識と共に瞑想を習得していくと良いのですね。そうです!瞑想により自ら次元上昇し、エンソフのエネルギーを受け取っていくことができるのです。これは、アセンションの準備段階とも言えます。

ということで、お勧めスピリチュアルセミナーのお知らせです。最初のネオアデプトは、スピリチュアルなことやヒーリングに関心のある方でしたら、どなたにでもおすすめできます。

皆様のご予約、ご参加お待ちしております♪

1月のスピリチュアルセミナー

ネオアデプト・プログラムセミナー 1月9日&10日

アデプト2.セミナー 1月11日

24本DNAアクティベーションセミナー 1月16日&17日



| セレモニー | 15:29 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユーレ(冬至)セレモニー

今日は冬至。ユーレの祝祭の日。

最近、瞑想していると、赤い衣装と白いひげのサンタクロースがやたらあらわれるではありませんかっ!そのうち、サンタクロース衣装のノームもあらわれたりして。冬至セレモニー開催を喜んでくれているのでした。

さて、冬至には神(ヒイラギ王)が死に、
神(オーク王)の世界が始まるのですが

上にあるがごとく、下もかくありで

人間界の私たちも
過去の自分を死なせ、
新しい自分を再生する時と言えます。

2015年は悲しみの年だったけれど
(ま~同じ位、怒りの年でもあったのですがね)
これはもう過去。

2016年は、献身の年にしようと思った次第。
何の献身かというと、
最愛の母への。
そして仕事への献身の意を新たにした次第。

無農薬ユズをどっさりいただいたので
今夜はユズ湯三昧です♪

素敵な冬至の夜を♪




| セレモニー | 15:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユーレ(冬至)のセレモニーのお誘い♪12月22日(火)

画像スターゲイザー(占星術ソフト)で見ると私の海王星が、、太陽、月、土星、冥王星、天王星と90度、180度の関係の今日この頃。

なかなか厳しくもわけわからん世界(海王星的な)へと突入しとります。

元来、おとめ座の私は、こういう水のエネルギーはどうも苦手。

でも、占星術占い師のKyokoさん曰く、
こういう時は覚醒も起こりうる、
スケールアップの時よ。と。

なるほど。。

長いこと住んでいた金魚鉢が破壊されて
住み家が突然海になってしまった
金魚の気分がしているから・・納得です。

人類愛に目覚める時かも知れません。

人類愛と言えば、セレモニーです。
セレモニー抜きにして、アガぺの愛は語れず。。

ということで
12月22日の冬至(ユーレ)のセレモニーのお誘い。

セレモニーを進める中で
浄化と平和、アバンダンスのエネルギーを受け取ります。

本日からご予約開始致しました。
ご希望の方は以下からご連絡下さい。

ユーレ(冬至)セレモニー

■ユーレ(冬至)セレモニー内容

・日時:12月22日(火)12時~16時

・場所:東京・西荻窪 ラヴェンドール

・定員:8名様

・参加費:4000円

・内容:冬至の儀式、女神の瞑想、キャンドルマジック等

※ご予約制です。お早目にご予約下さいね。


PS.
冬至はクリスマスの時期でもあり
キリスト(サナンダ)の誕生の時。
それは海王星と深いつながりがあるんですね。

無条件の愛のエネルギーに包まれる時でもあるから
1年のうちでもとてもすばらしい時節でもあります♪





| セレモニー | 20:04 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT